RSS | ATOM | SEARCH
謹賀新年 2013
新年あけましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いします。

実はイタリアから戻ったあと、しばらく時差ぼけで不眠症になり、それが原因かどうかわかりませんが、良性発作性頭位めまい症になってしまいました。こう聞いてもぴんとくる人は少ないと思いますが、最近ではカンニングの竹山さんや遠征中の澤選手(なでしこ)がなったことで知られています。

ある日起き上がろうとしたとき突然天井がぐるぐる回り、吐き気が。最初は何が何だかわからず、ゆっくりと起き上がるとなんとか立ち上がれたので病院へ。脳を検査すると異常はないとのことで、耳鼻咽喉科へ行くと上記のように診断されました。簡単に言うと耳の奥にある耳石というものがなんらかの要因で動き、頭の位置を変えるとめまいが起こるというもので、よくある良性のめまいとのことでした。仕事を休み、数日経つとようやくよくなってきましたがしばらくふわふわして気持ち悪い感じでした。1か月もすると問題なくなったのですが、ふとした拍子に少しふらっとすることもあったりで、なかなか油断はできません。時間とともによくなるらしいですが。

体だけは丈夫と思っていましたが、人生は突然何が起こるかわかりませんね。大病でなかっただけいいですが・・・今年は健康で過ごせたら、と思います。


author:りゅう, category:What's New, 10:03
comments(1), trackbacks(0), - -
イタリア出張 その2
  さて、3日目から5日目まではみっちり仕事。8:30にホテルまで迎えがきて、昼になるとまたホテルまで戻る、という繰り返しです(ランチを食べるところがそのホテルのレストランくらいしかない)。そして夜またホテルで夕食、といった感じです。仕事中の休憩は大体コーヒー?と聞かれ、コーヒーと答えるとまずめちゃくちゃ濃いエスプレッソが出てきます。これに砂糖を入れて飲むらしいのですが、慣れないと毎日はきついですね。

 一人旅は慣れていますが、ここまでなにもないところだとさすがに夜が長い。でもホテルの人が英語が話せたので助かりました。いろいろと話を聞けて面白かったです。
 そして5日目は仕事が終わったあとお世話になった人に礼をいい、車でパルマの街まで送ってもらいました。駅のすぐ近くのホテルに宿泊。ようやく街らしい街に来た、という感じです。気候は暑くも寒くもなく、散歩するにはちょうどいい。古い街並みを観光し、カフェでお茶しながら明日はどこに行こう、と模索します。実はこのときまで全然考えていなかったんです。ホテルもとってなかった。
パルマ

 結局、コモという街に行くことにしました。ミラノからほど近い避暑地です。ネットでホテルを予約し、駅まで電車の切符を買いに行きます。英語が通じなかったのでガイドブックに載っていたイタリア語を見てなんとか切符購入に成功。しかし、特急券が欲しかったのですが言葉が通じなかったからなのかみすぼらしかったからなのか、各駅停車の乗り継ぎにされてしまいました。まあ、これも冒険でおもしろいか、と苦笑い。

 そしてパルマで一泊したあとはコモに電車で向かいます。
電車が遅れたりしましたがなんとか到着。結構観光客が多いです。コモでは何もしないことに決め、ぶらぶらしたりお茶したり。そして夜は地元の小さなリストランテでビールと食事。

コモ湖

 そして最後はミラノに戻り、友人と食事をして翌日朝には空港へ。忙しかったけど、なかなか濃い旅になりました。今回は7泊でしたが、次回はもう少し長くいて、ローマやシチリアなど南も見てみたいと思いました。

ミラノの町
author:りゅう, category:What's New, 01:46
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア出張
  今イタリアに来ています。金曜まで日本で仕事をして、土曜の朝成田からKLMオランダ航空に乗ってまずアムステルダムへ。そこから乗り換えてミラノに到着。約10ヶ月前にアムステルダムに来たのでなんか不思議な感じでした。

 夜に到着したミラノはどしゃぶり。空港から市街へのバスに乗ろうとしたら前に並んだイタリア人にいい天気だろ?なんて冗談を言われる。さすが陽気な国イタリアです(笑)
ホテルについてどっと疲れが出て一日目は終了。

 二日目は旧友に再会。フランス人ですが、イタリア人の彼女とミラノの街を案内してくれました。ミラノで一番というジェラートを食べました。本当に美味かったです。夕方には取引先の人が迎えにきてくれ、パルマに移動。運転手にまったく英語が通じず困りましたがホテルまで無事に送り届けてくれました。しかしパルマとはいってもかなり郊外でホテル以外なにもない。しかもホテルも日曜の夜なのでレストランが閉まっているらしい。ということでちょっと歩いて地元のレストランへ。ここも英語が通じず、メニューもさっぱりわからん、というわけで適当に頼んだら結構美味かったです。

そして三日目。朝食はホテルで食べて会社へ移動。先方も時差ぼけに気を使ってくれたのか早目に解放してくれました。今、ホテルの部屋に戻ってこのブログを書いています。

また四日目以降のことはあらためて書きます。写真は帰国してからアップしますね。
ヨーロッパでもやはり国によって違いますね。すごく面白いです。
ではまた。
author:りゅう, category:What's New, 23:51
comments(0), trackbacks(0), - -
暑中お見舞い申し上げます。
かなりご無沙汰してしまいました。すみません。 なんかどたばたしていて更新が滞ってしまいました。まあなんとかやっています。 ちょっと近況を報告します。 バイク(400cc)を売りました。10代のころから(留学中以外は)ずっとバイクに乗っていたので乗らなくなるのはかなり久々です。たまたまこの6月に車検がきたので(400ccは車検がある)、一回手放そうかなと。車もあるし、ということで売りました。ちょっと寂しい気もしますが・・・またそのうち乗るかもしれません。

そして車といえば、ちょっと前ですが富士スピードウェイを走ってきました。あいにくの雨でしたが、自分の車であのF1も開催する国際サーキットを走るのは快感でした。

 

取り急ぎ、こんな感じです。暑くなってきたので体には気を付けてがんばりましょう。 これからはもうちょっとマメにアップします。
author:りゅう, category:What's New, 19:26
comments(0), trackbacks(0), - -
謹賀新年 2012
明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

さて、昨年は本当に個人的にも天中殺(?)というような年でした。胃を悪くしたことは書きましたが、実はドイツの旅後半に転倒して腰を強打してしまい、かなり苦しみました。今年こそいいことがありますように。

年末どたばたしてなかなか書けなかったので、ドイツのことを書きます。
海外は4年ぶり。8泊10日の旅です。まずは直行便でフランクフルトへ。

フランクフルト駅前

はじめてのドイツは何もかも新鮮でした。フランクフルトでは時差ぼけもあり、のんびり周辺を散策しました。クリスマスマーケットはフランクフルトに限らずどこでも盛況で、出店は結構利用させてもらいました(レストランにも行きましたが、ドイツ語がわからないためよくわからないものが出てきたりします。でも出店だと調理しているところを見られたので食べたいものを食べられます)。

今回の旅は電車移動。ドイツ人は英語がうまいのでコミュニケーションには不自由しませんでしたが、電車のアナウンスなどがよくわからず、最初は結構緊張しました。

フランクフルト駅

フランクフルトからは古城などを車窓から眺めながら北上します(まるで世界の車窓から?)。世界遺産の大聖堂があるケルンなどに立ち寄り、ミュンスターへ。

ケルン大聖堂

ミュンスターは美しい街で、夜のクリスマスマーケットもすごく暖かい雰囲気でした。

ミュンスター

ミュンスターで2泊した後はさらに北上し、ブレーメンに向かいます。なぜブレーメンなのか?実はアメリカ留学時代に仲のよかった友人(ドイツ人)に会うためです。

ブレーメン

友人と会うのは実に15年ぶり。かなり金持ちになっていて、ゲストハウス(離れ)に2泊させてもらいました。懐かしい話に花を咲かせて、ブレーメンや近郊のハンブルグなどを観光。その後オランダへ向かいます。ブレーメンからアムステルダムまでは4時間半くらいだったでしょうか。さすがEU、国境を越えても全くパスポートやビザのチェックなどありません。

オランダ人はドイツ人以上に英語が堪能です。ホテルのフロントのおじさんや掃除のおばさんなども普通に会話できました。英語しかできないので、すごく助かりましたね。

アムステルダムに行ったのは、ひとつの目的があったからです。それはアンネ・フランクの隠れ家。今は博物館として保存されています。

アンネフランク博物館

実際にアンネ達が隠れていた部屋にも入ることができます。ここに2年間も隠れていたと思うと、なんともやりきれない気持ちになります。もちろん彼女以外にも犠牲者はたくさんいたわけで、こういった人類の負の歴史も忘れてはいけないことだとあらためて感じました。


今回の旅であらためて思ったのは、やはり海外で違う文化や人々に触れること、そして外から日本や自分自身を見ることは本当にかけがえのないものだということです。今回は電車でのんびりと移動したこともあっていろいろと考える時間も持てました。自分自身がリフレッシュするためにも価値のある旅だったと思います。またこういう旅はしてみたいですね。

author:りゅう, category:What's New, 11:37
comments(0), trackbacks(0), - -