RSS | ATOM | SEARCH
ドイツへの旅
JUGEMテーマ:旅行
今、ドイツに来ています。 今年は色々なことがあって心身ともに疲れていたので、どこかでリフレッシュしたいと思っていたのですがなかなか時間が取れず、ようやく今来ることができました。 秋になってようやく胃痛もおさまってきたと思ったら、今度はウイルス性?の腸炎にかかり1週間ほど下痢に悩まされました。その後アメリカから友人が泊まりにきたり、出発する直前も高校時代の友人との幹事会があったり、アメリカ在住の同期の友人が一時帰国していたので食事したり、仕事の関係で来日しているイギリス人と夜にミーティングしたりとかなりドタバタしました。 今は古い街並みが綺麗なミュンスターという街にいます。今日はこれからアメリカ留学時代に一番仲が良かったドイツ人の友人に会いにブレーメンに行きます。 写真ともどもまたアップします。
author:りゅう, category:その他娯楽, 15:39
comments(0), trackbacks(0), - -
祝!中日優勝!
 中日がセ・リーグのペナントレースを制しました!一時はジャイアンツに8ゲーム差以上をつけられていたのでさすがに今年は難しいだろうと思いましたが、終わってみれば逆転優勝!なにより、ジャイアンツの4連覇を防いだというのがすごく嬉しいです。

 打線は井端が戦線離脱し、シーズン通して活躍できたのは荒木、ブランコ、森野、和田くらいでした。しかし日替わり打線の中でも堂上兄弟などの若手がいいところでがんばってくれました。

 そしてドラゴンズを支えたのはなんといっても日本一の強力投手陣です。練習量も12球団一だそうですから、この暑い夏を乗り越えられたのでしょう。5試合連続完封など夏場から9月にかけての投手陣のがんばりは素晴らしいものでした。個人的には山本昌が5連勝したのが嬉しかった。しかも、最年長完封まで・・・

 クライマックスシリーズも制して、日本一になるまでがんばれ、ドラゴンズ!

月刊ドラゴンズ増刊 大逆転V奪還2010優勝中日ドラゴンズ 2010年 10月号 [雑誌]
中日新聞社
author:りゅう, category:その他娯楽, 13:37
comments(2), trackbacks(0), - -
北九州紀行(2)〜グルメ編〜
 さて、「北九州紀行(1)〜旅情編〜」でも予告したように、今回は北九州で食べてきたおいしいものをご紹介します。

 北九州はかなりのグルメスポットでした。まず食べたのは小倉が発祥といわれる焼うどん。乾麺から作るという麺はモチっとした食感で、水っぽくありません。パスタのようでもあり、しかしソース味なのでやはり和風・・・とにかく美味でした!

小倉が発祥の地という焼うどん

 そして飲んだ後のシメといえばラーメン!ということで、どトンコツラーメンで有名な魁龍小倉本店へ。「ラーメン」をオーダーしましたが、トロトロというよりはドロドロ&ザラザラ(骨粉の残り?)ですごいことになってます。シメには濃すぎるかも・・・
魁龍のラーメン

 ラーメンでシメたはずが、深夜に旦過市場近くの屋台へ。屋台には「おでん」となぜか「おはぎ」の文字が!おでんはかなり種類も多くて、気さくな店主がいろいろとお勧めを教えてくれます。アルコールを飲みたい人は持ち込みだそうで、そのせいか家族連れも多く来店するそうです。そのあたりが普通の屋台とは違うところですね。

北九州の屋台

 二日目のメインは門司名物の「焼きカレー」。焼きカレーとはカレーの上にチーズや魚介、卵などのトッピングを載せてオーブンで焼き上げたもので、ドリアとカレーが合体したアツアツのメニュー。カレー好きにはたまりません!

門司といえば焼きカレー

 北九州おそるべし!その他市場などでいろいろと食べたのですが、何を食べてもおいしかったです。まだまだ奥が深そうなので機会を見つけてぜひまた行きたいと思います。北九州の皆様、今回の旅では本当にお世話になりました!
author:りゅう, category:その他娯楽, 14:51
comments(0), trackbacks(0), - -
北九州紀行(1)〜旅情編〜
 友人のライターに誘われ、北九州市に行ってきました!恥ずかしながら北九州には一度も行ったことがなかったのですが、今回の旅はまさに目からウロコ!街もきれいだし人も親切、そしておいしい食べ物(特にB級グルメ)もてんこもり!グルメに関しては次回書きますのでお楽しみに。

 さて、北九州空港からまずは小倉へ向かいます。さすが九州、桜の開花も早い・・・小倉城では平日にもかかわらず花見を楽しむ人もちらほら見かけました。

小倉城

 皿倉山山頂からの眺めはまさに絶景!市内はおろか遠く本州まで見渡せます。このときは夕方だったので次回は「新日本三大夜景」にも認定されているという夜景を見てみたいと思います。

 皿倉山

 一日目はこの他にも「松本清張記念館」(今年で生誕100年だそうです)や北九州の台所といわれる「旦過市場」などにも行きました。夜は関サバやクジラなどの刺身を堪能し、とんこつラーメン→屋台と食べまくり!大満足の一日でした。

 二日目は巌流島に興奮しながら関門橋へ。関門橋を眺めたあと海底にあるトンネルを歩き下関にわたります。トンネル内は天候に左右されないためか、ランニングやウォーキングをする人などで結構混み合っていました。

 関門橋

 その後は門司港レトロへ。ここは門司港駅など古き良き街並みが残るおしゃれな観光スポット。焼きカレーやバナナのたたき売りの発祥地としても有名です。ムード満点なのでデートスポットとして人気というのもうなずけます。

門司港駅

 たったの二日間の滞在でしたが、本当に満足のいく旅でした。わがままな私たちをご丁寧にまた温かく接待してくださった役所の広報担当の方には本当にお世話になりました。ありがとうございました!

 次回はグルメ編をアップします。
author:りゅう, category:その他娯楽, 15:58
comments(0), trackbacks(0), - -
さらばKKコンビ
 清原が引退しました。同期の桑田が引退したその同じ年に引退することになるとは、なんというめぐりあわせでしょうか。

 怪我で苦しみ、大して活躍できなかったここ数年しか知らない人はなんでこんなに大騒ぎするのだろう、そう思っていることでしょう。確かに過去の偉大なプレイヤーに比べてると成績自体は飛びぬけているわけではありません。でも、二人はまさに「記憶に残る選手」なのです。

 高校時代の彼らはまさに怪物でした。甲子園で29点をとって勝ったとき、「反則だ。まるで大人と子供だ」と感じたのを覚えています。実際KKコンビが3年だったとき、PLには今久留主、松山、内匠、立浪、片岡、野村、橋本などのちにプロで活躍する選手が同時期に在籍していました。まるで「ドカベン」の明訓高校です。甲子園で20勝をあげた桑田、甲子園で13本塁打をはなった清原。このふたつの記録は当分破られることはないでしょう。

 プロ入り後もファンを魅了する選手でした。オールスターや日本シリーズなど大舞台に強い清原。野茂や伊良部らとの名勝負も強く印象に残っています。また、桑田は野球への愛情、そしてその姿勢が見ているものの心を強く打ちました。ピッチャーなのにけがをおそれずダイブしたり(結果肘に重症を負った)、復活を期してひたすらにランニングを続けたり(ランニングのしすぎで芝生がはげたその部分は「桑田ロード」といわれた)・・・

 清原が最後に一軍に上がる際、引退したばかりの桑田がバッティング練習に付き合ったシーンは、彼らを20年以上見てきたものとして涙が出る思いでした。私は巨人ファンでもPLファンでもありませんが、大きな足跡を残したふたりの偉大な選手が引退したことでひとつの時代が終わった、そんな寂しい気持ちになりました。

 今後は指導者として球界に帰ってきてくれることでしょう。本当にお疲れ様でした。そして素晴らしいプレイを見せてくれてありがとうございました。
author:りゅう, category:その他娯楽, 19:35
comments(2), trackbacks(0), - -
オリンピックを振り返って
 オリンピックが終わりました。私はスポーツ観戦が大好きなので、結構テレビで見ていましたが、それにしても100mのボルトにはびっくりでしたね!ゴール手前を流して世界記録とは・・・ベン・ジョンソン以来の衝撃でした。

 開会式と閉会式もすごかったですね。でも、「お金がかなりかかっているんだろうな」とふと思いました。オリンピックが大きなビジネス・マーケットになって久しいですが、そうなると途上国は開催できないわけで(今回の中国も貧困層の人は開催期間中北京での仕事がなくなるので、里帰りしたそうです)、「参加することに意義がある」といわれた五輪の考え方と離れてきている感じがします。

 野球は日本が惨敗しましたが、それに対するバッシングもすごいですね。WBCで優勝している日本代表チームなので、当然優勝への期待が大きかったのだと思いますが、オリンピックは何が起こるかわかりません。勝負は水ものなので(勝っていたら逆にベタボメだったのでしょうが)、後でどうのこうのいっても仕方がないでしょう。上位チームに一度も勝てなかった日本に比べ優勝した韓国は全勝したのですから、やはり実力差があったと言われても仕方がないと思います。

 2016年は東京になるのでしょうか・・・1964年の東京オリンピックのときには生まれていなかったので、もし開催されたら楽しみです。
author:りゅう, category:その他娯楽, 17:04
comments(0), trackbacks(0), - -
祝!中日ドラゴンズ日本一!!
 やりました!ついに我が中日ドラゴンズが日本ハムを下して53年ぶりに日本一になりました!生まれて初めてドラゴンズが日本シリーズに勝ったところを見た・・・(涙)これまで何度日本シリーズで悔しい思いをしてきたか・・・ようやく二度目の日本一です(日本一20回という巨人のファンにはこの気持ちは決して分かるまい)。

 クライマックスシリーズは対阪神(第一ステージ)が2勝0敗、対巨人(第二ステージ)が3勝0敗、そして日本シリーズは4勝1敗(しかも最終戦は完全試合!)、ポストシーズン通算9勝1敗。まさに完勝です。いやあ、今年のポストシーズンは本当に安心して見ていられました。楽しかったです。

 日本ハムは昨年の覇者で、ダルビッシュという絶対的なエースがいて有利という下馬評がありましたが、中日は総合力で勝ったような気がします。川上、中田、朝倉の3人の二ケタ勝利投手、日本一のストッパー岩瀬、球界最高の二遊間といわれる荒木、井端。福留がいないのに優勝したのはすごいの一言です。

 先日ワールドシリーズを見たとき、いい大人が狂喜乱舞する姿を見て、やはり野球って素晴らしいな、と思いました。普段仕事や家庭で辛いことがあっても、自分が応援する球団が勝てばそれでハッピーになれる。人間、「馬鹿になること」も大事なんですよ。「野球なんてどこがいいの?」とか冷めた人もいます。私はすべてを冷静に分析して理屈をこねるより、何も考えずに球場やテレビで観戦して一喜一憂する、そのほうが魅力的だと思います。
"Take me out to the ball game(私を野球に連れてって)"を大合唱するアメリカの観衆を見て、そして今回のナゴヤドームで涙していたドラゴンズファンを見て、あらためてそう思いました。

 入団して20年、初めて日本一になった「ミスタードラゴンズ」立浪の涙にもらい泣きしました。「夢は夢のままだからいいのかな」と自分を慰めてきましたが、やはり日本一という夢がかなったのは素直にうれしいです。来年も燃えよ、ドラゴンズ!
author:りゅう, category:その他娯楽, 10:37
comments(2), trackbacks(0), - -
アメフト ワールドカップ 2007
 日本でアメリカン・フットボールのワールドカップが行われていたのをご存知ですか?今回は第三回大会ですが、実は日本は二連覇をしていたのです。北米以外ではあまり人気がないスポーツなので、W杯といっても歴史は浅く、参加国も少ないこともあってあまり注目されていませんでした。ただ、今回はアメリカが初めて参戦するということで、個人的には日本がどのくらいアメリカと戦えるか、非常に興味がありました。

 実はスウェーデン戦(川崎球場)を見に行こうとしたら、チケットは完売!やむなくケーブルテレビでやっていた放送を見ました。久しぶりに見るアメフトはやっぱり面白い!その試合は日本が快勝。そして先週末、決勝(日本vsアメリカ)が行われましたが、善戦むなしく日本は敗れてしまいました。ただ、アメリカチームはNFLのドラフトにもれた選手が中心メンバーだそうで、もし本当にNFLメンバーで構成する「ドリームチーム」を結成すれば、どの国もかなわないでしょう。100対0とか、そういうスコアになるかもしれませんね。ちょっと見てみたい気もしますが・・・

 私は、アメリカの大学にいたとき、休みの日などはよく大学のアメフトの試合を見に行きました。大きな大学になるとアメフト専用球場があって、収容人員は10万人近いところもありました。まさに国民的スポーツです。ライブで見ると本当に迫力があって、それでいて緻密な作戦が練られているので、はまるとかなり面白いのです。機会があれば、ぜひ生で見ることをオススメします。

 私はスポーツ観戦が大好きですが、あまりスポーツ観戦をしないが興味はある、という人のためにいくつかオススメのスポーツを紹介します。

◎ラグビー
・・・綺麗にならぶバックスのライン。なかなか出ないですが、一瞬時間が止まる「ドロップゴール」は大好きな瞬間です。

◎アイスホッケー
・・・NHLは本当に生で見る価値のあるスポーツだと思います。大男がものすごいスピードで滑り、激突するのは大迫力。

◎サッカー
・・・ディフェンスに注目。ラインを統率する人に合わせて動いたり、後ろからいきなり全速力で上がっていったり・・・なかなかテレビではそこまで写らないので。

◎野球
・・・プロ野球を見に行くなら、ぜひ早めに行って試合直前の練習、特に守備練習を見ることをオススメします。内野の連携、外野からのバックホーム・・・本当に「プロだな」と実感します。

◎マラソン(駅伝)
・・・すぐ近くで見ると、ものすごいスピードで走っているのが分かります。普通の人なら全速力ともいえるスピードで42キロ以上を走るのですから本当に信じられません。

◎格闘技(K-1、PRIDEなど)
・・・やはり「音」ですね。キックがあたったときのバチンという音や、キックやパンチが空を切る音はなかなかテレビでは分かりません。関節技も結構すごい音がするときがあります。
author:りゅう, category:その他娯楽, 11:15
comments(0), trackbacks(0), - -
紅葉狩
 今年は11月になっても暖かい日が続きましたが、ようやく秋も深まり、冬の足音が聞こえてきました。秋といえば紅葉。ということで、モミジ狩に行ってきました。
 
もみじは真っ赤です 宮ヶ瀬(神奈川県清川村)は、日本一のクリスマスツリーがあることで知られていますが、四季の景色を楽しめる場所です。やはり自然は癒されますね。何か特別なことをするわけではないけれど、ぼーっとしているだけでも自然のエネルギーをもらっている感じ・・・これがマイナスイオンなのでしょうか。


山も色づいてきました いい一日を過ごせました。近くライトアップ(12/2〜25)されるツリーを見に、今度は夜にでも行ってみたいと思っています。※ちなみに、クリスマスは非常に混雑するようです。

 では。
author:りゅう, category:その他娯楽, 10:41
comments(1), trackbacks(0), - -
パンクラス in 後楽園ホール
 総合格闘技団体の老舗「パンクラス」の後楽園大会を見てきました。今や主流となっているエンターテイメント路線に走らず、ひとつの競技としてガチンコに戦うその姿は、逆に新鮮に映ります。メインイベントでも、アンクルホールドでギブアップ(わずか24秒!)という地味な結末。見せるというよりも、いかに本気でやっているかがわかります。

 PRIDEで活躍するジョシュ・バーネットが無差別級王者ということからも分かるように、総合のレベルも非常に高いといえるでしょう。ただ、かつて船木誠勝、鈴木みのるらのスターが活躍した時代と比較すると人材不足は否めません。私は友人のご好意で招待席に座らせてもらいましたが、結構空席が目立つ状態。通常は8000円の席でしたが、このカードでこの金額では正直厳しいかな、と感じてしまいました。派手な演出をしないパンクラスでは、やはり客を呼べる選手が出ていないと集客は難しいでしょう。

メインイベント後勝利に喜ぶ北岡選手

 ただ、やはり真剣勝負はライブで見ると迫力があります。特にあの「音」はテレビでは体感できません。総合を見に行ったことがないことはぜひ一度行ってみることをオススメします。



 ところで、日本シリーズで中日が敗れてしまいました。先日も書きましたが、日本一という夢は夢としてとっておいたほうがいい、ということでしょう。もう52年も日本一になっていないドラゴンズですが、死ぬまでに一度見られるかな・・・とにかく、お疲れ様でした。
author:りゅう, category:その他娯楽, 00:33
comments(0), trackbacks(0), - -