RSS | ATOM | SEARCH
ゴールデンウィークは…
 久々に連休をとりました。とはいうものの高速は渋滞、いろいろとやることも多く…結局いつものように近場のグルメを楽しむことにしました。

 まずは新横浜ラーメン博物館へ。すみれ好きの私としては、4月に入ったばかりという「ラーメンの駅」に行きたかったのですが、やはり同じ考えの人は多いらしく、長蛇の列。諦めて他の店に行くことにしました。

 龍上海本店の「赤湯からみそラーメン」は初めて食べましたが、辛党の人は結構好きだと思います。からみそを最初から全部まぜないで、少しずつまぜていくと味の変化を楽しめます。お土産コーナーでは前回書いた北九州の「魁龍」のラーメンを売っていましたが、個人的には当分いいかな…

龍上海本店の赤湯からみそラーメン

 そして後半には昨年も顔を出した「神奈川フードバトル in あつぎ」(第2回)へ。これは公式ブログにもかなり書き込みされていましたが、私もちょっとがっかりしました。書き込みでは雨の中長時間並んだ、とか運営に関しての意見が多かったのですが、私としては早い時間に「売り切れ」となった店が多かったのがちょっと…私は2日目の昼過ぎに着いたのですが、その時点でかなりの店で「売り切れ」の札が出ていました。その結果、そういった店で買えなかった人たちが他店の長い列の後ろに加わるといった悪循環が生まれてしまい、2、3時間待ちもあったと聞きました。

 確かに昨年と比べると相当お客さんが増えていましたが、メディアへの宣伝や事前の反応、前日の様子などである程度は予測できたように思えるだけに、もう少しなんとかなったのでは?シロコロもシロコロっぽくなかったですし…来年はB-1グランプリも開かれる厚木ですが、遠方から行った人で「もう厚木に行くことはないでしょう」と書いている人もいました。同じ神奈川県民としては、寂しいかぎりです。来年はこの経験を生かしてほしいですね。

特別出店の津山ホルモンうどん
author:りゅう, category:グルメ, 15:13
comments(0), trackbacks(0), - -
これで美人になれる?
 最近ヘルシー食として話題の玄米。白米ではなく玄米を出す店が出てきたり、マクロビなどでもあらためて注目されていますが、今回白米と黒米の玄米に大豆をブレンドしたという「美人玄米」を食べてみました。

 玄米というと、白米に比べてパサパサしている、という人も多いと思いますが、これは結構モチモチ。それでいてしっかりとした歯ごたえがあって大豆のいい香りがします。

 白米と成分を比較してみると、意外にカロリーはほとんど変わらないのでこれだけでダイエットというわけにはいかないと思いますが、食物繊維は約7倍、カルシウムは約4倍、ビタミンB1は約5倍、そして白米にはないアントシアニンが含まれていたりとまさに健康食。無洗米というのも楽でいいですね。

 ただ、色が結構黒くて白米と違う匂い+独特の歯ごたえに慣れない人や子供にとっては「ちょっと・・・」という人もいるかもしれません。そこで、子供に受けそうな簡単レシピをご紹介します。

 まず、アルミ皿にバターを薄く塗り(コレステロール1/3のものを使用)、炊いた美人玄米を薄く盛る。
独特の色

 その上にスライスチーズをのせ、さらに美人玄米を少し足したあと、市販のミートソースを伸ばす。そしてその上からとろけるチーズと粉チーズをふる。
こんな感じ

 それを温めたオーブントースターで5分ほど焼くと簡単玄米ドリアの出来上がり。
こんがり

 スライスチーズの代わりにホワイトソースでもいいかもしれませんが、玄米の歯ごたえを楽しむために上記のようなレシピにしました。10分くらいでできるので、お子さんのおやつにもいいかもしれませんね。

 健康食もちょっと工夫するだけで、継続しやすくなります。
author:りゅう, category:グルメ, 13:43
comments(4), trackbacks(0), - -
神奈川フードバトルinあつぎ
 GW中、「神奈川フードバトルinあつぎ」というイベントに行ってきました。これは今年が第一回目なのですが、神奈川のご当地グルメを集めて投票により優勝を決めるというもので、全国規模で行われているB-1グランプリの神奈川版みたいなものです。

記念すべき第一回

 会場はそんなに大きくないのですが、GWということもありかなりの人出でにぎわっていました。焼きそばの早食いやダンスなどのイベントもあり結構盛り上がっていたように思います。しかし、一番行列を作っていたのは、ゲストで出店していた富士宮焼きそば!さすがB-1優勝の実績&ネームバリュー。神奈川と関係ないのに(笑)。

会場は大盛況!

 厚木の猪すいとん、シロコロのチゲ鍋、平塚弦斎カレーパン、津久井酒まんじゅう、三崎トロまんなど各地から名物が出店。大体1品300円くらいで、私はシロコロ(ホルモンの一種)の焼いたものやもつ鍋、平塚カレーパン、七沢の猪すいとんなどを食べました。どれもおいしかったです。ちなみに優勝したのは豆腐でんがくだったそうです。

厚木名物シロコロ
シロコロを炭で焼いているところ。香ばしくておいしかったです。
author:りゅう, category:グルメ, 18:36
comments(6), trackbacks(0), - -
三崎まぐろ拉麺発表会
 先週、友人のグルメライターと三崎で行われた「三崎まぐろ拉麺発表会」に出席してきました。三崎の町おこしの一環として企画されたものですが、三浦市長やテレビクルー、新聞記者など200名ほどが来場していて、大盛況でした。
まぐろラーメンは三崎の町おこしのひとつ

 会場(海の目の前!)で主催者の方や読売新聞の記者の方とお話させてもらいましたが、地元の方たちはこのイベントを結構前から準備していたようで、まぐろの町三崎をアピールすべく、さまざまなまぐろ料理の研究をしていたようです。特に、今回は日本人が大好きな「ラーメン」にまぐろを、ということでメニューの開発はさぞ大変だったことでしょう。

まぐろを使った様々な料理

 地元の飲食店(8店舗)でまぐろラーメンが食べられるそうですが、その中で今回は3店舗のまぐろラーメンを試食させてもらいました。

◎まぐろ漬けラーメン(提供店:牡丹)
◎冷たいまぐろラーメン(港楽亭)
◎鮪ジャージャー麺(ポパイ)


 個人的には、まぐろ漬けラーメンが一番好きでした。ベトナムのフォーにのっている肉のように、生のまぐろがスープの熱で色が変わっていき、食感もミディアムレアのようになります。
 どれもさっぱりとした味付けでしたが、麺やスープはもう少し研究の余地があるかもしれません。

牡丹の「まぐろ漬けラーメン」

 同じ神奈川県にいながら、本当に久しぶりに訪れた三崎。海の匂いと、まぐろ料理・・・天気もよく、気持ちのいい一日でした(まぐろラーメンのお土産もいただきました)。
author:りゅう, category:グルメ, 11:54
comments(0), trackbacks(0), - -
久々に手羽先
 ワールドカップもついに終わってしまいました。日本は残念でしたね…でも、世界との力の差が分かって逆に良かったのではないでしょうか。W杯に出場したのはまだ3回目。これからです。

 さて、今年もすでに半分が経過し、気がついたら7月です。まだ梅雨でジメジメしていますが、暑くなってきました。汗をかくと喉が渇く…そう、ビールの季節です。

 昨年10月に「手羽先対決」というタイトルで書きましたが、先日また手羽先の店に行ってきました。「手羽先唐揚専門店 鳥良 下北沢店」です。

 私は別に名古屋の人間でもなく、手羽先マニアというわけでもないのですが、最近関東地方にもかなり手羽先も浸透してきて、安くて美味いということもあり、ついつい行ってしまいます。今回の鳥良は結構店舗も多いのですが、先日書いた2店舗と違うのは、店の雰囲気。店内の照明は少し落としてあって、店内にはジャズが流れる大人の空間です。メニューも少し高級感があり、大衆居酒屋からは一線を画しています。

 手羽先は税込み420円。辛さを選べるのですが、唐辛子ではなくコショウの量の違いのようで、大辛は少しくどい印象。中辛でちょうどいいでしょう。他のメニューもそうですが、量も味付けもやや上品な感じ。手羽先をツマミにビールを飲みながら友人と語りたい、なんてときにはちょうどいい店だと思います。
手羽はやはりビールに合う
author:りゅう, category:グルメ, 10:37
comments(0), trackbacks(0), - -
手羽先対決
 突然手羽が食べたくなって、友人と新宿で手羽先のハシゴをしてきました。
 まず行ったのは、その名も「手羽一郎」(新宿スクエア店)。「究極の手羽先唐揚げ」は税込378円とリーズナブル。他にも「味噌カツ」や「とんちゃん串焼き」「どて煮」など名古屋の味を堪能できます。

 2件目は有名店「世界の山ちゃん」(西武新宿店)。名物「幻の手羽先」は税込399円。ピリリと辛目でビールに良く合う味つけ。名古屋名物のみならず、刺身や天ぷらなど他のメニューも豊富です。

 「手羽一郎」は手羽先含め全体的に甘めの味付けで、安いですがボリュームも少なめ。他のメニューもまずくはないですが、特筆すべきところもない・・・まあ、居酒屋として考えればちょっと変わったものも食べられるし、いいのかもしれませんが。
 その点「世界の山ちゃん」は、手羽先の味付けはバランスがいいし、他のメニューもボリュームがあります。スープやシーフード、デザートなどメニューは本当にたくさんあるので、手羽に飽きても大丈夫。結構混むので、早めの時間に行ったほうがいいですね。席がちょっと狭いのがマイナス面です。

 私個人としては「世界の山ちゃん」に軍配。
グルメ(安いものだけですが)についてはまた書きます。今度は写真もとってきますね。※今回は上記リンクからのメニュー写真を見て参考にしてみてください。

デハ。
author:りゅう, category:グルメ, 11:41
comments(0), trackbacks(0), - -
新横浜ラーメン博物館
 甥が遊びに来ていたので、新横浜ラーメン博物館に連れていってあげました。

 私は何度も行ったことがあるのですが、ラーメンはもちろん、ここのなんともいえない懐かしい雰囲気が好きなんですよね。昭和33年の下町を再現していて、演出もかなり細かい。洗濯ものが干してあったり、スタッフも当時の格好をしていたり・・・一度母を連れて行ったことがあるのですが、ちょうど当時東京に住んでいたそうで、すごく懐かしがっていました。
懐かしい下町の雰囲気

 甥はといえば、そんなことより開催されていた「NARUTO」のイベントやショップのほうに興味があるようでしたが(笑)。肝心のラーメン店も、全国選りすぐりの名店ばかりなので、はずれはありません。ハーフサイズもあるので、2軒くらいははしごができます。行ったことがない人はぜひ一度どうぞ。結構楽しめますよ。

細かい演出も秀逸
author:りゅう, category:グルメ, 10:35
comments(0), trackbacks(0), - -