RSS | ATOM | SEARCH
wowowとHBO
 先日wowowで放送されたドラマW『恋せども、愛せども』を見ました。これは原作:唯川恵、脚本:大石静、主演:長谷川京子という女性による、女性のためのドラマだったのですが、古都金沢の美しい町並みとたくましく生きる女性たちの表情が印象的な佳作でした。長谷川京子の脇を固めたのは、京野ことみ、池内博之、檀ふみ、岸惠子。地味ながら、個性的な役者のキャスティングは評価できると思います。

 この「ドラマW」は定期的に作られていますが、映画に匹敵するようなキャストとスタッフによって、TVドラマと比べてクオリティの高い作品となっています。映画とも、そしてTVドラマとも違う・・・有料チャンネルならではの独自の方向性を見出したともいえますが、私はふとアメリカの有料チャンネル・HBOを思い出しました。

 HBOのドラマは『バンド・オブ・ブラザース』のように、映画以上にお金をかけるものもあります。映画では作れない長時間のドラマや連続ドラマに一流のスタッフ・キャストを使い、映画には負けない、また映画にはないようなものを作り上げます。

 少し前になりますが『追憶の街 エンパイア・フォールズ』というミニドラマ(前後編)を見ました。小さな町の、労働者階級の人たちの物語。家族とは、街とは、そして人生とは・・・そんなことを考えさせられる素晴らしい作品でした(個人的にこういう「普通の人の普通の話」が大好きだというのもあるかもしれませんが)。

 なんといっても、そのキャスティングに魅了されました。
エド・ハリス(アカデミー賞ノミネート)
ポール・ニューマン(アカデミー賞受賞)
フィリップ・シーモア・ホフマン(アカデミー賞受賞)
ヘレン・ハント(アカデミー賞受賞)
ジョアン・ウッドワード(アカデミー賞受賞)
ロビン・ライト・ペン

なんと、アカデミー賞俳優が4人!エド・ハリスはノミネートの常連だし・・・こうしたキャスティングだけでも、見る価値があると思います。それにしても、エド・ハリスは本当にいい味を出していますね。現代、もっとも演技のうまい俳優のひとりではないでしょうか。私も大好きな俳優のひとりです。

 このドラマは日本ではまだ、DVDになっていないようです。こういう作品を見ていない人が多いのは残念ですね。確かに、地味なのであまり売れないかもしれませんが・・・TVドラマでありながら、最近のハリウッド作品よりもよほどよくできています。

 ドラマWも今後、こういった作品ができるよう、期待しています。
author:りゅう, category:テレビ, 16:16
comments(3), trackbacks(0), - -
Comment
早速、EmpireFallsを手配したよ。これはどうやってみたの?日本のケーブルTVでみれるのかな。なんだか秋らしくなってきたよ、こちらも。あっというまの夏でした。そういえば、吉田戦車が結婚したね。
Sue, 2007/09/20 11:26 PM
>Sueさん
wowowで見ました。米ドラマはケーブルで大体放送されます。AXNとかFOXとか、あとNHK衛星とか。こちらは夏が戻ってきました。まだ昼間は30度あります。風は涼しいんだけど。
りゅう, 2007/09/21 10:28 AM
うわー『恋せども、愛せども』見たかったー!!!てっきり映画だと思っていました。。。残念。
やーこ, 2007/09/30 11:41 PM









Trackback
url: http://ryu.word-studio.net/trackback/680440