RSS | ATOM | SEARCH
『ミスト』
第81回『ミスト』("The Mist", 2007)

ストーリー:嵐の翌日湖畔に住むデイヴィッドは息子ビリーを連れ、町のスーパーに買出しに出かける。すると突然町が深い霧に覆われ、ひとりの男が血を流しながらスーパーに飛び込んでくる。「霧の中に何かいる!」不安にかられたデイヴィッドらは店内に閉じこもるが・・・

 何の先入観も持たずに見ると、『ゾンビ』や『宇宙戦争』のようにスリルのあるSF娯楽作品と感じる人も多いかもしれません。実際、霧の中にいるものが垣間見えたとき「このパターンか。やっちゃったかな?」と感じたのも事実です。しかし、そこはスティーブン・キング原作×フランク・ダラボン監督のコンビ。一筋縄ではいきません。

 この二人のコンビは映画史上に残る傑作『ショーシャンクの空に』や感動作『グリーンマイル』を作りだしており、その独特の世界観に魅了された人も多いと思います。しかし、本作はこういった感動作を期待していた観客を違った意味で裏切ってくれた秀作だと思います。

 大多数の人が「正しい」と思うような判断でも「それが本当に正しいのか」結果が出るまで分からない・・・どんな厳しい状況下にいても決して最後まで望みを捨ててはいけない・・・衝撃的なラストは、いろいろなメッセージを残します。

 演技派の俳優陣の演技、そして臨場感のあるカメラワークは極限下における人間の弱さ、愚かさを見事に映し出しています。「えっ」というラストに賛否両論あるかもしれませんが、強く印象に残ることは間違いなく、個人的にはぜひ見ることをオススメします。

評価(5つが最高):★★★★

闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV)
闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV)
(原作)
author:りゅう, category:映画, 09:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://ryu.word-studio.net/trackback/744253