RSS | ATOM | SEARCH
よみがえる名画座
 その昔、名画座と呼ばれる映画館が各地にあって3本立てとか4本立てで500円、700円で気軽に名作を見られたものでした。私も横浜の天王町ライオン座や三鷹オスカー、銀座文化2など様々な名画座にお世話になったものです。スターウォーズシリーズ、時計じかけのオレンジ、シャイニング、ロッキー、レイダース・・・見た作品は数え上げたらきりがありません。

 そんな名画座がいつのまにかなくなり、名作を大きなスクリーンで見る機会は失われました。確かに今はDVDで簡単に見られるけれど・・・やはり映画館で見る感動は一味違います。そんなとき、うれしいニュースが飛び込んできました!

「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」というイベントです。1週間おきに作品が変わり、それが一年=50週間続くもので、しかも1000円!全国25劇場で実施されます。

こういうイベントを待ってたんですよ。数年前に渋谷でリバイバル上映された「大脱走」を見たとき、やはりこういう名作は映画館で見なきゃだめだよ、とあらためて思ったものでした。今回のラインナップも非常に魅力的でつい毎週通ってしまいそうです。

もちろん、なんであの作品やってくれないの?と個人的な意見もありますが、でもこういうイベントを企画してくれたことに素直に感謝し、あらためて名画を大スクリーンで見る感動を味わってきたいと思います。
author:りゅう, category:映画, 00:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://ryu.word-studio.net/trackback/912392